戦略的なウェブサイトの改善は
コールセンターから生み出す

お問い合わせフォームへ

ウェブサイトのマニュアルは、「ウェブそのもの」が良い

こんな課題、お持ちではないですか?

  • 紙のマニュアルでは動きまで確認できない

    紙のマニュアルでは動きまで確認できない

    日々変化するウェブサイトのオペレーションも、未だに紙の資料で行われている。紙のマニュアルではユーザーの状態を把握するだけでも一苦労で、課題解決までに時間がかかってしまう。

  • 問い合わせページをすぐにひらけない

    問い合わせページをすぐにひらけない

    日々変化するウェブサイトのオペレーションも、未だに紙の資材で行われている。紙のマニュアルではユーザーの状態を把握するだけでも一苦労で、課題解決までに時間がかかってしまう。

  • サイトの改修に追いつかない

    サイトの改修に追いつかない

    マニュアルシステムを使っていても、キャプチャや文言の差し替えが間に合わずマニュアルは古いまま。簡単に更新・改善できるのがウェブシステムのメリットですが、その更新内容をオペレーターが把握するのは難しいです。

  • 利用者の声を改善に活かせていない

    利用者の声を改善に活かせていない

    コールセンターは利用者の声が集まる場所なのに、あまり効率良く課題共有ができておらず、改善にスピード感・一体感が出ない。もっとリアルな声を現場から聞かせてほしい。

WebManualの仕組みと主な機能

仕組み

仕組みに関するイメージ図

主な機能のご紹介

  • ウェブページのクローニング

    ウェブページのクローニング

    ウェブサイトとは切り離されたクローンを作成。ページの内容はもちろんながら、JavaScriptやAJAXで動くコンテンツの動きも完全に再現します。

  • シナリオでページを整理

    シナリオでページを整理

    よく使うページ遷移、例えば「購入フロー」といった一連のサイトの流れを保管して置くことが可能。簡単なヒアリングで目的のページをすぐに表示できます。

  • 専用ツールで簡単更新

    専用ツールで簡単更新

    専用ツールを使って、すでにブラウズするだけで簡単にシナリオの作成が可能。また、シナリオのページデータの更新はツールを使ってボタンひとつで更新。

  • つまづきポイント

    つまづきポイント

    利用者からの問い合わせの起点となった箇所や、ページの改善すべきポイントを、直感的にマーキングすることができ、他のオペレーターやウェブ担当者と共有ができます。

  • 管理者メモ

    管理者メモ

    クローンした各ページには、付箋のようなメモを貼ることができます。メモはHTMLの各要素に紐づけることが可能で、ページが更新されてもずれることはありません。

  • 管理ツール

    管理ツール

    管理ツールがあり、マニュアルの管理、シナリオ管理、新しいシナリオの追加や更新が可能。直感的な操作で操作可能です。

こんなサイトに向いています

  • インターネットバンキング

    インターネットバンキング

    画面操作に関する受電が多いオンラインサービス。画面の表示条件が複雑で再現も難しいことが多い。

  • ダイレクト型の保険

    ダイレクト型の保険

    動的にコンテンツが変わっていく長いフォーム。オンライン決済画面など単発ページにも利用できる。

  • 会員向けウェブサイト

    会員向けウェブサイト

    利用者の利用満足度を上げるため、より精度の高いスピーディーなサポートが必要なサイトのヘルプデスク向け。

  • 多岐型ウェブ入力フォーム

    多岐型ウェブ入力フォーム

    とにかく分岐が多くバリュエーションなどの整理や直接そのページを表示したい場合などに最適。

サービス提供者やパートナー企業を募集しています

コールセンターソリューションをお持ちの企業さまで
コールセンターの課題収集や収集したデータの二次利用をお考えであれば
ウェブマニュアルはきっとそのご要望にお応えできると思います。

パートナーに関するお問い合わせ

まずはご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5454-9687

【受付時間】平日10:00~18:00まで

フォームからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ